世の中をより良くするための思想、より良く生きるための思想を御紹介します。

スピリチュアリズム紹介所

トップページ>唯物主義

唯物主義

唯物主義の問題点
  1. 唯物主義の場合、死ねば無になると考えるため、自然と生きているうちに楽しんでおこうという考えになり、自分が楽しければ良い、人の迷惑など関係ないとどんどんわがままがエスカレートしていき、世の中の様々な不幸を生み出すことになる。(※1)
  2. スピリチュアリズムの場合、死後の世界は存在し、自分のした行為は自分に返ってくると考えるので、人の為になる行いをそれぞれがするようになり、支え合い助け合えるような幸福な世界になる。

※1 シルバーバーチの新たなる啓示p180

解説

  1. 死ぬと無になるとすれば人生に意味を見出せなくなる。
  2. 死ぬと無になるとすれば、人に迷惑をかけようが、人の役に立つような行いをしようが、いずれにせよ無になってしまうので、どちらでもよい、個人の自由という発想になり、何が正しくて何が間違っているのかの基準もなくなってしまい何でもありの世の中になる。
  3. 正しい基準がなくなると自分達で勝手に善悪の基準を作ることになる。
    例えば、お金に価値基準が置かれると、人を蹴落としてまで出世しようとしたり、体がぼろぼろになるまで仕事をして人に迷惑を掛けてしまったりする。また、必要以上の富を得ようとするため、貧富の差も生まれる。
    このようにして様々な問題を作り出すことになる。
Copyright (C) スピリチュアリズム紹介所. All rights reserved.
inserted by FC2 system